夏バテ?私がオバサン認定に至る経緯

いつの間にか、身長が一緒くらいになっていた。
確かに私の身長は高いほうではありません。学生時代もいつも前から数えて何番目。それも一桁前半。
その私と同じくらいの身長なのです。13歳になった息子。
今でも学校では低いほうであることは間違いないでしょう。
反抗期のため、そんなことは答えてくれるわけがないですが。
でも反抗期といっても、決していつも関係が悪いわけではないんですよ。
ちょっとしたときにぶつかりますが、いつもは、家族仲は良いほうです。
私が、良くできているのか、息子が偉いのかは、不明ですが。
そんな息子は生ものが大好きなんです。でも、成長期のわりには、あまり食べるほうではありませんが、彼の中では生ものは食べれるほうなのです。そのため、回転ずし大好き。
食欲がない日でも比較的回転すしなら食べれているように思います。
そこで、家族4人で回転すしを食べにいきました。
いつも私は口癖のように、暑い時期はちゃんと食べないと夏バテするから、食べれるものは、しっかり食べなさいというんです。
はっきり言ってくどい位、言ってます。
それなのに、何ということでしょう。いつもくどくど言っている私が、夏バテ気味。
約束なので回転すしを食べに行ったのですが、なかなか頑張ってみても、箸が進まないんです。
息子は食欲がいまいちの割には10皿以上、8歳の娘は7皿以上、父は食欲だけは落ちないので予想通り。にもかかわらず、この口うるさい私は、4皿・・・情けない。
娘は勘違いして、節約のために食べないと思っているようでした。
いえいえ、そんな節約だなんてするくらいなら、最初から行きません。
そうではなく、本当に食べれないのです。悲しい。4皿なんて子供ではなく幼児ですよ。
幼児にも劣っているかもしれません。横のテーブルをみると、いかにもお年を召された高齢のご夫婦でしたが、明らかに私よりは食べているんです。
当然といえば当然なんですが、何とも弱々しくなってしまったように感じて、本当に弱々しくなりそうです。少しくらいは旦那さんの食欲が落ちてほしいくらいです。
でも、あのお腹を見る限りでは、食欲が落ちることはなさそうです。
なんなら、私の分まで食べてやろうかという勢いなんです。確かに私よりは若いのです。
しかしながら、見た目ではどうやら逆転しそうです。
つまり、私が若々しい、旦那さんが普通なのか。
それとも、私が普通で、旦那さんが、かなり老け込んでるのか。
どちらかはわかりませんが、それ以上追求すると問題勃発になりかねませんのでやめておきます。
でも、そういうことなのです。
これが、また逆転しないように、私も若々しさを保てるように、少し食べれるように頑張ります。
夏バテなんかに負けないぞ。それにしても、いつの間にか、私も厚かましくなったみたいです。
だって、若々しさを保つって書いたということは、自分が若々しいと思っているということになりますよね。
あぁ、そういう厚かましさも、オバサン化現象の一つと考えて、間違いないですね。
認めざるを得ません。
今回は口うるさく、食べろ食べろという点。夏バテ。厚かましさ。
この3つからオバサン認定を受けなければなりません。
反省いたします。
でも、とりあえず、夏バテだけはすぐにでも解消いたします。皆さんも気を付けてくださいね。
いるじゅらさ最安値通販|沖縄生まれ洗顔石鹸の口コミも掲載

あの頃は若造でしたが、今じゃ皆一緒にオジサン&オバサンになりました。

仕事の傍らで音楽活動をしている私は、ライブは毎月2回以上・交通費などの細かい経費まで含めて赤字は出さないことを目標にして約20年続けています。
始めて5年ほど経った頃に次第に集客も安定してきたのですが良くも悪くも「安定」、ライブの度に気持ちの充実と嬉しい収入を得られるように感じられるようになって以来、お客さんが減りもしなければ増えることもなくなってしまったのです。
これは新規顧客開拓のために行動を起こさなければ!ということで5年ぶりのCD作成を決めたのが10年前。普段ソロでやっているため、こういう時に一番お金がかかるのがレコーディングに参加していただく皆さんにお支払いするギャラなんですよね。でも「これは先行投資であり赤字ではない」と自分に言い訳をして本業収入から資金を流用。3曲入りのCDを発売すると思いほのか売り上げが良く、流用部分はすぐに補填できたのですが…あれ?お客さんが増えたわけでも無いように感じました。
思い切ってバンドスタイルでのワンマンライブをしてみたら、これも充分ありがたい結果。でもやっぱりその後の増員につながったという実感はありません。そんなことを繰り返しながら10年。
これってもしかして?…なんて、実はとっくに気付いてはいましたが、内輪の皆様に支えられているってことですよね?音楽を職業にしたいなどと考えたことは一度もありませんが、改めて皆さんと一緒にこれまで楽しんでこられた共通の趣味として、悦びを受け止めて続けていきたいと感じました。
この先、おばちゃん→おばあちゃんになっても、加齢や酒ヤケで声がしゃがれても、カッコつけて歌い続けちゃいますわよ。
育毛剤コスパランキング2016

近所のjさん、嫁に出来ないものでしょうか

世の中には、在宅ワークって、沢山あるのだと思いながら、眺めていました。
とあるブログや、seo関連の所で、いきなり落とされてしまったのですが、探してみると、結構あるようです。
その一つにタイピングの文字起こしがありますよね。
これって、実は一回もやった事がないのですが、結構多岐に渡るようで、へーといった感じでした。
要するにそれは、社内のインタビューを、聞いて、文字入力するという仕事だそうなのですが、そういうのも良いですよね。
自分が簡単に生活する方法って、一番は、穏やかな人と結婚して、過疎化した町で生活していく事ではないでしょうか。
どうにも、結婚というと、非現実っぽく聞こえるのですが、実際の話、似たような奥さんや合法的に金が欲しい奥さんだっているわけですし、そこでは戸籍上の嫁などいるだけで、金が入ってくるシステムだそうです。
元々、結婚する気もなく、ただ、いじめたいようないっちゃっている人も、実は世の中には、多く存在していて、自分は確かに女運が、ほどほどないとは思っています。
せめて、金のためと割り切って、戸籍上だけでも、結婚してくれるような人はいないかなあと考えていると、近所のご病気されているjさん、この人どうかと思うのです。
別に介護する分には抵抗はありません。
まs、本人も選ぶ権利はあると思いますが、なんとかならないのでしょうか。
jさんに、金でもという話を持ちかけても、通用しない感じはありますが、元々悪い人ではありません。
顔汗専用の制汗ジェル