私の理想の上司

私の理想の上司は、今から16年ほど前に、小さな郵便局で働いていた時の、局長代理です。良い上司はたくさんいましたが、その方より素晴らしい上司はいませんでした。当時で50代位の女性だったのですが、ぱっと見が、いかにも仕事できます!といった感じではなく、でも全然おばさんぽくもなく、常に局長の後ろで控えめで上品な感じの方でした。いつも奥の席で静かに仕事をこなしておられたのですが、新人の私が、困っていたら、「すみませーん」と助けを呼ぶ前に、すっと横に立っておられ、お客様の対応を手伝ってくださいました。あくまでも、必要最低限の、しかも的確なフォローで、もう私一人でできるな、という絶妙なタイミングで、すっと、ご自分の席に戻られていました。それは、その方の席から一番遠い郵便窓口での対応中も、ほぼ必ず来てくださり、本当に助かりました。私のスキルアップのためにも、最後までご自分でしてしまわずに、きちんと私にやらせながら、お客様にもご迷惑をおかけしない、という本当に見事なフォローでした。手伝ってくださる方の中には、私を別の対応に回らせ、最後までご自分で対応してしまう方や、お客様の前で、すごく居丈高に私を指導される方もおられました。そんな局長代理ですが、就業時間前には控え室で真剣に朝ドラを観ておられたりもされていて、プライベートではお子さんもいらっしゃいました。いかにもスーパーウーマンでいらっしゃらないところが本当にかっこよくて、私の知る限り、一番、仕事のできる方でした。
妊活マカのおすすめ