イギリスのEU離脱問題がリーマンショック級の株価下落に。

今日、国民投票の末イギリスのEU離脱が決まった。
私はこの問題に詳しい訳ではが、投資をやる人間なので今日という日が忘れられない日になった一人である。

日本の為替が海外の状況に左右されやすいのはよくわかっていたつもりだが、まさかこんなリーマンショック級の出来事が起こるとは思ってもみなかった。
少し前のサミットで安倍総理が「リーマンショック前に似ている」と言った時、メディアは嘲笑していた。
「そんな事起こるわけない。頭大丈夫か?」くらいなものだ。

でも実際に事は起きた。
それも安倍首相が言ってからそれほど時間が経たずして。

そして、今回のリーマンショック級の株価下落の最中ツイッター界隈では人身事故が度々ニュースになった。
どうにも損失が膨らんでの身投げという噂だ。

確かに投資というのはゼロになる可能性もあるし、信用取引などをしていればマイナスになる可能性も十分にある。
それこそ、過去の歴史的な暴落を経験していない今の若い世代には全力投資で大儲けするという頭しかない人間もいただろう。
一瞬で数千万のプラスが億単位のマイナスに変わる事だってあるんだ。

ただ死ぬという選択は絶対にあってはならない。
自分で選んだ道とはいえ、死ぬという事は責任を放棄することになりかねない。
だから全力投資なんてしちゃいけない。
ネット上の稼いだ、儲かったという甘い声に惑わされてはいけないんだ。

私自身も過去に何度も失敗をし、今でも失敗を続けているが投資を楽しんでいる。

今日みたいな日は思い切り安くなった銘柄を探して、優待狙いで買ったりもした。
こうして日々の積み重ねがいつか利益になったりもする。

思い切り稼ごうとして辛い想いをするよりも、少しずつ余裕資金で楽しみながら投資をした方がいいんじゃないか?
自分も今日の下げによる含み損は過去に比べても大きいが、計画的に先を見据える事で楽しんでいける自信がある。
足汗対策